インフォメーション


私はここで自分にあったアルバイトを見つけました

アルバイトだから社会保険料は払わない?

健康保険、年金保険の2つはアルバイトだろうが正社員だろうが、払わなくてはならないものです。



健康保険、厚生年金保険なら例えアルバイトの身分であっても加入の条件を満たしていれば会社が勝手に手続してくれます。

保険料も勝手に給料から引き落とされるので気になりません。

問題は国民健康保険と国民年金保険です。

手続も全て自分でしなければなりませんし、支払いも自分で支払わなければなりません。

アルバイトの中には、お金がないから払えない、自分には関係ないから払わない、という考えの人もいますが、非常に危険な考えです。



健康保険に加入していなければ保険証がもらえません。

保険証が無ければ病気になったりけがをした時に非常に大変です。

健康保険に加入していれば最大3割負担で済むところが加入していなければ10割負担になるのです。

3割負担でも高いと思ってしまう医療費を全て負担しなければならないのですから、アルバイトには非常に辛いことです。

有給、労災をアルバイトでも適用してくれる職場なら問題はありません。

しかし、「アルバイトに有給?労災?なに言ってるの?」という認識の職場は少なくありません。

つまり、アルバイトである以上、病気やけがで休めば休むほど収入が減ると考えておいたほうがいいでしょう。

休んだ分の収入が減るのに、そのうえ高額の医療費を支払わなければならないのです。

どうしても保険料を払えないのなら親の保険に入ってアルバイトをするというのも一つの手ですから、健康保険には加入しましょう。



次に年金ですが、最近はアルバイトでなくても払う気がしないという人が増えています。

「どうせもらえないんでしょ」と思って払っていないあなた、それなら自分で老後の蓄えをしていますか?

アルバイト暮らしをしながら将来もらえるであろう年金分を自分で預貯金しているのであれば、それはそれでいいでしょう。

しかし「そこまで長生きするかどうかわかんないし~」と払っていないのは、あまり良い考えでは無いと思います。



国民健康保険と国民年金保険には申請をすれば免除もできるので、払いたいけど払えないという人は免除申請をお勧めします。

免除してもらうにはとりあえず、いまアルバイト暮らしでお金がないんですけど......と役場に相談してみてください。

免除してもらえれば、国民健康保険と国民年金保険ももてますから絶対に免除申請した方がいいです。

健康保険を持っていれば病気や怪我をしたときの不安が少しはなくなりますよね。


アルバイトの社会保険

アルバイトと正社員の違いは?と聞かれると、保険と年金の違い、と答える人が多いのではないでしょうか。

アルバイトと正社員とでは確かに社会保険には違いがあります。

しかし、アルバイトと正社員の社会保険の違いを明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

別項でもアルバイトの社会保険の仕組みを簡単に説明してありますが、ここではもう少し詳しく説明します。



社会保険とは健康保険と年金保険を合わせたものの総称で、加入することは国民の義務となっています。

正社員の社会保険なら話はとっても簡単です。

入社と同時に会社が手続きしてくれるので、会社に任せておけば健康保険料と厚生年金保険料が給料から天引きされています。

アルバイトの社会保険でも同様の手続は可能です。

正社員の労働時間の4分の3を超えてアルバイトをしていれば、健康保険、厚生年金ともにアルバイトでも加入することができます。

学生のアルバイトでは無理だと思いますが、フリーターならアルバイトでもこの条件を満たすことは難しくないと思います。

会社に「社会保険に入りたいんですけど」と直接相談してみるといいでしょう。

アルバイトの社会保険に関してはアルバイトでも正社員と同じ立場になれるのです。



では、正社員の労働時間の4分の3を超えないアルバイトの場合はどうすればいいのでしょう?

その場合のアルバイトは国民健康保険と国民年金保険に加入しなければなりません。

国民健康保険と国民年金保険は会社員以外(自営業やフリーランスの人たち)の人が加入する社会保険なのです。



会社員なら社会保険の手続は会社がやってくれますが、国民健康保険と国民年金保険は自分で手続をしなければなりません。

学生からアルバイト暮らしになり、自分ではなんの手続もしていないのなら、親がやってくれているのでしょう。

アルバイト暮らしで保険料を払うのが辛く親に払ってもらっているのは、親がよければ問題はありません。

しかし、学校を卒業して社会人になった以上、せめて自分がどんな保険に毎月いくら払っているのかは知っておきましょう。

会社員からアルバイトになったのであれば、国民健康保険と国民年金保険の手続は自分で行わなければなりません。

手続きは退社時に会社から渡された書類一式を持って、近くの役所へ行きましょう。

国民健康保険と国民年金保険の保険料の支払いは会社員とは違い、銀行振込か口座引落になります。



国民健康保険と国民年金は全て自分で手続きしなければいけないので面倒です。

国民健康保険と国民年金保険は社会保険に比べて保険料も高いです。

アルバイトでも社会保険に加入できるのであれば今すぐ社会保険に加入した方がいいでしょう。


自分に合ったバイトの選び方

バイト選びで失敗しないためには、どんなことを考えますか?
 

私は、
 
時給
 
勤務場所
 
職種
 
週に何日入ればOKか?
 
短期か長期か?
 
などを考えて、検索して応募してました。
 

例えば・・・
 
渋谷近辺で、週3日くらい、おしゃれなダイニングバーでウエイトレスがしたい♪
 
とかですね。
 

他にも男の方なら、
 
時給の高い肉体労働で、短期でがっつり稼ぎたい!
 
とか、
 
将来正社員登用もありうる経理のお仕事を試しにやってみたい^^
 
とか、
 
色々とあると思います。
 

ジョブセンスのバイト検索・無料応募だと、こういった条件のバイトが気軽に探せて楽ちんですよ♪
 
迷ったら、まずは検索してみて、表示されるたくさんのバイトを眺めるだけでもいいと思います。
 
大事なのは、迷ったら行動して応募してみる!ってことですね。
 
嫌になったら断っちゃえばよいので、とりあえずやってみるといいです♪


バイトを簡単に検索して、楽して応募する方法

まずはジョブセンスのサイトに行ってみましょう^^
 

ボタンを押して、条件を色々指定して、検索すれば、すぐにたくさんのバイト案件が出てきます。
 

自分にあったバイトを探すコツは、少しでも興味があったら、とりあえず申し込んでみることだと思います。
 

ジョブセンスには、5万件以上の業界トップクラスのアルバイト情報があります。
 

興味のあるバイトがでてきたら「詳細をみる」ボタンをクリックして、「今すぐ応募する(60秒で応募)」ボタンから氏名などを入力して、応募してみましょう。
 

私も、たくさん応募して、今の居心地が良くて楽しいバイト先を見つけました^^
 

たくさん応募しても、しつこい勧誘などはありませんから、安心して応募できるもの気軽でいいですね♪


自分にあった条件のバイトをたくさん見つけて応募する方法

あなたのやりたいバイトをWEBで探してみませんか?
 

とても簡単にすぐに応募できますよ(^^)
 

オススメなのが、ジョブセンスの無料バイト申込みです。
 

私もこのサイトでバイトを見つけられました。
 

あなたの最寄り駅から探したり、人気エリアから探したり、有名複合ビルや特定の職種、時給の高いバイトを探したりと、色々できますよ^^
 

ジョブセンスでは、好きな条件から簡単にバイトが探せます。
 

時給1000円以上のアルバイトも簡単に見つかります♪
 

複合的な条件も指定できますし、簡単に探せますよ。検索も簡単です。
 

もちろんWEBでのバイト申込みは無料ですから、ぜひ今のうちにどんどん利用していきましょう!


私はここで自分にあったアルバイトを見つけました

やりたいバイトをインターネットで簡単にたくさん応募してみませんか?

お部屋からいつでも簡単にたくさんのバイトに応募できますよ♪

私の経験から、どんなサイトを使って、どのように検索して応募すればいいのかについても説明しています^^


私はここで自分にあったアルバイトを見つけました

アルバイトについて、私の経験を書いてゆこうと思います。

TOPPAGE  TOP 
サイトマップ feed